FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月三十一日(火)  もう、八月が終わる・・・ここまでの日々は、

焦げずに上手くいった玉子焼き
今日で八月が終わってしまいますね・・・私は三十一日までの間、時間を気にすることなくゆっくりと過ごしていました。日記として書くことがない位に・・・ でも、そのぶん色々と考えたり、自分の趣味を全うしたりしました。
あとは、八月の前半と後半に続き、料理をどの位の時間で出来るかなどやってみました。
結果は前日か休日に作りためしておかないと朝にやるには遅過ぎました;

久しぶりの玉子焼きの味の方は・・・
写真を撮っておいて何ですが、恥ずかしいので続きに書きます。

続きを読む

スポンサーサイト

八月二十六日(木) もう、気が付いたら・・・・(><);

夏の桜の樹
やっと、日記を書けると思って、ページを開いたら五月のまま更新が止まっていました。書けるだろうと甘く踏んでいた私の結果なんですけどねまた、書いてもらったコメントもなかなか返せず申し訳ないです;やる事があったり、余裕がないと不規則で更新になってしまうので、見てくれている方には不親切ですね(><)御免なさい;

また、そういう状態が続くようだったら私に時間と余裕がないと考えて下さいそれか、本を読んでいたら、いつの間にか朝だったという事が多くなって書くのを諦めたかのどちらかです(笑)
そう言えば、もう八月も終わりに近付いていますね・・・また、九月から頑張らないと
色々と成績が心配だったりします成績発表とオリエンテーションが九月に纏めて行われるので・・・上手く出来なかった教科もあるので内心ドキドキしています。

ここからは私の夏休みに関する自分の計画が実現出来なかったなという戒めみたいなものになっているので、読まなくても大丈夫です。というより自分に対しての愚痴に近いので・・・
まぁ、それを書く私もどうかと思いますが;

続きを読む

五月八日(土)  やっと一息、日記が書けるように・・・・(^^)♪

今年の桜
本当に何の前触れもなく日記が途絶えてしまいました;ごめんなさいm(--)m実はネット環境と引越しやら大学生活に慣れるまで、四月は本当に帰って勉強して、食べて寝るという感じの生活が主でテレビを見たりすることが出来なかったりする日々でした。ネット環境が整った四月中旬も土日に「やっと自分のブログの名前にふさわしい季節がきた(><)/嬉しい♪」とか書きたかったのですが、家事に追われたり、酷い疲れでベットから起き上がれなかったり、授業の予習にも気が抜けない状態でした
もう、葉桜に・・・
もう、そんな日々が過ぎてやっと慣れ始めた頃に気がつくと綺麗に咲いていた桜が初夏を思わせる葉桜に変わっていました。まぁ、上と同じく、写真を撮りためていた物なのでまだ完全な葉桜ではなかったんですけどね・・・それでも、慣れるための日々があったお陰で今こうして日記を書ける程の時間と息抜きが出来ました(^^)♪
また、日記の更新はいつになるか分かりませんが、ゆっくり再開していきたいと思います

続きを読む

三月二十三日(火)~二十八日(日)、三十日(火) 家族で京都旅行へ行き、その後日は・・・ 後半

八坂神社の桜
三日目、二十五日は昨日の疲れが四人とも取れきっていなかったので11時までホテルで休んでいました。そしてお昼を少し早く駅ビルで食べました。次に私が京都に来たら必ず時間が出来たら行ってみたいと思っていた祇園へ市バスで行ってきました(^^)♪
まず最初に行ったのは八坂神社でした。↑の写真はお参りを済ませた後境内の中を散策した際に撮りました。もう少し桜が咲くのは後の時期になるかと思っていたので見つけた時は嬉しかったです撮った後も広い境内を散策してやっぱり神社に行くのは心が落ち着いて良いなと思いましたただ、驚いたのはもう父や母、祖母がもう見終わったからと言うことで神社の出口に行こうと電話がかかってきてしまい、まだ半分まわれないうちにあまり待たせるのも悪いので急ぎながら三人が待っている本殿前まで行って、次の目的地に向かいました。
花見小路
次は私が読んでいた好きな小説に出てくる花見小路に行ってきました。ここは私が京都に来て時間があったら一番に来たかったのですが、なかなか来れず・・・やっと来れて良かったですですが、私達と同じ来ている観光客の人数が多かったです。数人は私と同じように家屋や花見小路の写真を撮ったりしていました。何だか舞妓さんや芸妓さんが住む置屋さんの建物が多い為か地元の人はあまり見なかったような気がします・・・
↑の写真は人が少ないのを見計らって撮ったものです。別の路でこの時期の花見小路は四月に行われる都をどりの飾り付けがされていました。
京都の家屋の庭(喫茶店にて)
次は同じ花見小路で休憩をとる為に京家屋がそのまま使われている喫茶店に寄りました(^^)♪お店の中は入り口は狭く感じたものの思ったよりも広く感じました。私には前から京家屋と言う家に憧れと住んでいる方は今も変わらずそういう歴史を感じさせる家をお手入れとか大変そうなのにも関わらず残していて凄いと思う想いが私にあり、一度でも実際に見てみたいと思っていたのでやはりそこでも寄れて嬉しかったという気持ちが強かったですまたそのお店は喫茶店だけではなく手作り和小物も取り扱われていました。お抹茶やわらび餅を飲み、食べつつも和風グッズ+桜グッズ好きな私にとっては思わず見入ってしまいました(笑)ちなみに↑の写真はお店の方に許可を取り撮らせてもらったものです私は結局実用に使える桜と扇が刺繍されている布が使われている大きめなバックを買いました。そして、お会計を済ませた父と母、祖母は先に出て、私は遅く出る形になったのですが・・・タイミング悪く他に来たお客さんと玄関で靴を置く石があまり大きくなかったためちょっとした譲り合いになってしまったので困りましたがやっと外に出れて、父達と合流して、バス停に戻る際に父が私を待っている間に舞妓さんを一人だけ見かけたと言う話をしてくれました。私は舞妓さんに憧れと尊敬の思いを抱いているので、話すことは叶わなくても姿を一目でも見れたら良かったのですが・・・残念でしたそれでも念願の祇園、花見小路に行けて良かったです(^^)こういうような感じで京都で過ごす三日目は終わりました!
京都駅ビル
四日目、二十六日は京都旅行最終日で私達が京都から東京へ帰る日です。その日はなぜか雨が降り続けた三日間を感じさせない晴天でした今回は新幹線の時間から大分時間があるので用を駅ビルで済ませることにしました。お昼を食べ終わった後、父達と時間、場所の待ち合わせを決めて分かれて私は単独で限定お菓子や手頃な価格の京菓子、母や祖母に感謝の意味を込めて何か贈ろうと考えて母にはポーチと桜柄のエコバックを祖母へは桜柄のガマ口を買いました。父へはまた日を改めて欲しい物を贈ろうと思います(><)/
京都タワー
そして、待ち合わせ場所へは予定していた時間よりも早く着いて、父達と合流し新幹線乗り場へ行って京都を離れました。後は京都へ行く道を逆に帰り、家路に着いて家族の皆と楽しく過ごした京都旅行は終わりました。
私はまた時間を見つけて、父達で行けると良いなと思っています

続きを読む

三月二十三日(火)~二十八日(日) 家族で京都旅行へ行き、その後日は・・・ 前半

遠くから撮った京都タワー
二十三日はついに予定していた家族で京都旅行三泊四日の初日でした(^^)♪電車で東京まで行き、チケットの時間通りに新幹線に乗ることが出来ました電車の方で通勤ラッシュと重なってしまい大変でしたが、私の場合は慣れなければいけないので音楽や読書、父と母、祖母と話をしたりして過ごせたのでそういう過ごし方で良かったのかなと思ったりもしました。新幹線での過ごし方と言うと・・・天気が悪くて、窓からの景色も見にくかったのであまり長くは見ないで、座席で深く座ってゆっくりしていたんですが・・・いつの間にか寝てしまい、父に起こされてから京都に着いたことに気付いて慌てて起きて準備していました(><);
そして京都駅に着くと、雨が降っていましたですが、この天気は予報で分かっていたことなので、折りたたみ傘を持ってきていたので、家族全員濡れることはありませんでした↑の写真は傘を持ったまま何とか撮れた京都タワーですこの位置から歩いて家族四人は泊まるホテルへと着いて、ホテルで倒れるように休んで京都での一日目はゆっくりして終わりました。
天龍寺の庭
次の日(二十四日)は四人とも早起きして、母が京都定期観光バスを予約してきてくれました。行くコースは嵯峨・嵐山で行くことになる順番は京都駅バス乗り場→天龍寺(庭のみ)→天龍寺から渡月橋までの通り→渡月橋→大覚寺→仁和寺→龍安寺→京都駅バス乗り場という流れでした。
↑の写真は出口に行く時に撮った天龍寺の庭の写真で奥に行くまでの十分な時間がなかった為、あまりゆっくり見れませんでした;
渡月橋と嵐山の周りの山
その後は天龍寺から渡月橋までの通りの散策で、雨が四日間続くそうなので京都でしか売ってなさそうな和傘風の傘を買いました。父や母、祖母は濡れなければ別にこだわらないと言っていたので、自分だけ別の買うのもなぁと迷っていたのですが、これからの新生活でも使えそうなので良いかなと思いました(^^)/
あとは和風柄のハンカチ三枚で1,000円と言うのを買ったりしました
↑は渡月橋の写真で、渡って河原のような所で撮りました。また、近くで枝垂れ桜が満開に近い形で咲いていたのでその写真も撮っていました。私は急いで待ち合わせ場所の近くの喫茶店まで行き、合流した後バスの方へと戻りました。
大覚寺の大沢池
次はバスなら短い時間で着いてしまう大覚寺へと行きました。ここから先は本来の携帯の写真の大きさになるので重かったらすみません;実は携帯を最近変えまして、そのまま写真を上げると↑の大きさになってしまうので何とか縮小して使っていたのですが、下の三枚は縮小すると、どこか分からなくなるのでそのまま上げさせてもらいました。
かなり、曲がってしまいましたが(><);大覚寺の大沢池の一部を写真に撮りました。バスガイドさんの話だと京都で数少ない、昔のままの池の形を保っている池だそうです。
仁和寺の庭園
今度は御室桜で有名な仁和寺に来ました。ですが、今の時期だと早かったらしく咲いていないと言うことで名勝御室桜の林の方へは行っていません一度でも良いから行ってみたいんですよね・・・でも、また機会を作ろうと心に決めて、庭園や建物を見れる範囲だけ見てきました!
龍安寺の枯山水
最後、このコースを締めくくるのは枯山水の石庭で有名な龍安寺です。ここに来るのは中学の修学旅行と家族で初めての京都旅行以来だったのですが、どの時も順路が広く長いので、時計の睨み合いになることもありました。やっぱり、何回見ても気持ちが引き締まる感じがするので来て良かったです
また、全然行ったことのない嵐山方面、仁和寺に行けて嬉しく、このコースを予約した母に感謝しています♪
こんな感じで京都での二日目は色々な所に行けた楽しさ半面、結構体力がないと疲れてしまうなぁと自分の体力の無さを実感しました

続きを読む

プロフィール

森林 桜穂

Author:森林 桜穂
私の日々を書いている「桜咲く日和」へようこそ!
更新は毎日ではありませんが、気軽に見ていって下さい(^^)♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。